Welcome to my blog

爆走人形花道、モモイロ2号。

Article page

偉大なイギリスの歌手のPVを見てみる

こないだカラオケ行って感じたんだけど、今はTVで宣伝されている曲、顔とダンスで構成されている曲以外に接する機会が少ないんじゃないかと。

たたみます。

家で一人でCD聴く機会があるなら、「ダンサー」でも「アイドル」でもない「歌手」の歌を是非聴いてもらいたい。
若い時から本物を知るって大切だと思います。
そして、本物の歌手って素晴らしいです。

カルチャー・クラブ「TIME(Clock Of The Heart)」
切ないメロディとジョージの声、このワビサビは日本人好みだと思います。
コーラス隊の衣装が可愛いのでブラックフランシーや日焼けシオンに着せたい!

色物に見られてるけど、ソウルとレゲエを取り入れたカルチャー・クラブはコテコテソウルが苦手でも聞きやすくて面白い。
そして歌が上手い。
カルチャークラブ「That's the way 」

ジョージ・マイケルの歌うクイーンの「Somebody to love」
歌うめええ!

フレディ・マーキュリーの「I Was Born To Love You」
歌うめええ!
そしてつい真似したくなるフレディの動きだけど、これがなかなか出来ないのだ。


死んじゃったフレディ以外は皆、懐メロタレントではなくて現役で活動している歌手です(クイーンも!)。
今の日本では宣伝されていないのに憤りを感じますが、今の日本にも周囲に流されずに本物を見つけられる人は必ずいる筈。

一度聴いてみてね!



べ、別にゲイミュージックが好きなんじゃないからね!
好きな歌手がたまたまゲイなだけだからねっ(^_^;)
スポンサーサイト

Category - ドールと関係ない日常

0 Comments

Post a comment