Welcome to my blog

Tiny Dolly Wonderland

Article page

全日本終了~

で、早速ドールと関係ないネタを(笑)

全日本、終わりましたね。
今回はダウングレードという現在のルールがいかにつまらないものかというのがハッキリした大会だと思います。
サルコウ以外は見た目ノーミスなのにDGでガンガン点数が引かれてあの数字って、どうよ。

*ダウングレードとは
回転がちょーーーーっとでも足りないと判断されると、3回転を綺麗に飛んでも2回転の出来損ない扱いをされて1回転程度の点数になってしまいます。なので、無難に2回転を飛んだり回り切って転んだり手をついた方が安全。
さらに、真央のようにDGを取られ易い人、あえて名指しはしませんが絶対というくらいに取られない人がいて(見た目とは乖離)、ジャッジの指先一つで選手の運命を簡単に変えられるのです。

スグリさんは頑張ったと思うけど、3-2しかなくてエッジエラーあってトリプルも少ないので、ちょっと心配。美姫ちゃん、頑張って~。

でも、真央ちゃんは凄い頑張っていますよね。マスコミや他の選手のファンやルールがイジワルしようと、頑張って乗り越える姿、ますます応援したくなります。
タンゴもすごい表現力があるじゃないですか。

「とくダネ!」的に言えば「芸術点(?)が高い大人の演技」「指先まで神経が行き届いてて・・・あれはなんでしょうね」じゃない?
あの人達は絶対真央の今シーズンの演技を見ていないぞ。

「芸術点(?)が高い大人の演技」「指先まで神経が行き届いて」「すごい目の力ですよね!」と言えば(←まだ怒ってる)、鈴木さんの演技でしょう。

「全身で表現する」フィギュアスケートの醍醐味を味わえます。
「妖艶な演技で会場中を魅了しました!」とナレーションをつけるならこれくらいのレベルの人にしてって。あんなに複雑なステップをなめらかに力強くあのスピードで移動出来るのって女子では鈴木さん、カロ、真央ちゃんくらいじゃないかなぁ。って、思う。


わたしにはフィギュアスケートは特別な存在となっています。
具合悪い時でもパソコンの前に座れて指さえ動けば楽しめるし、バレエやクラシックをちょっと見てみたりするきっかけにもなってるので芸術的で親も安心(笑)
しかも、今の日本はスターだらけ。
外国のスタープロも結構日本に来てくれる。
いや~、楽しくて止められないよ~。
スポンサーサイト

Category - ドールと関係ない日常

0 Comments

Post a comment