Welcome to my blog

爆走人形花道、モモイロ2号。

Article page

スポンサーサイト

Category - スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Category - スポンサー広告

全日本選手権終了!!!その1

すごい面白かったですね、全日本選手権!!!
もう、色々ありすぎて何から書いていいか分からない~。

が、まずは一番好きな真央ちゃんから。


SPでジャンプが決まった瞬間「やったー!!」と叫び、ステップでは踊っているような可憐な姿に「踊ってる~!」と呟き(その直後八木沼が踊ってる発言)、終了後の笑顔にほっとしたSPでした。
初めての舞踏会、そして真央ちゃんにとっては初めての楽しかった舞踏会ですね。
3Aがダウングレードなのは納得いかないけど、それでも着氷できたという事実だけでもファンとしては嬉しいです。

翌日、緊張のフリー。
もう最終グループから家事も全然手につかなくて「今日だけは時間をくれ!」と、相方にボーズをまかせてTVにかじりついてました。
冒頭のアクセルの軌道でもうドッキドキで、ジャンプの瞬間は
「いけええええ~!(@みどり)」
で、降りた瞬間に
「やったーー!!」

なるでしょ、これは!

スパイラルもビシーッと決まりそしてあのステップ。
まさかあのほんわか真央ちゃんが気迫を表現出来るとは思ってなかった。
真央が魔王になった変化の時間を見たような気がする。

正直、シーズン最初には、まるでグリシュク&プラトフが長野で金を取った「メモリアル」みたいな重厚さは確かにチャンピオンっぽいけど、こんな重厚な曲をシングルで、しかも10代の女子選手が滑りこなせるんだろうかと思いました。
同じメロディが続くといえば「ボレロ」のような曲は演技者の表現力が試されます。
特に最近はメリハリがあって休憩部分のような静止シーンがあり分かりやすいパントマイムが入った演技に高く点数が付く傾向があるし、実際そんな物語の主人公を演じる方が楽です。

でも、真央は表現出来た。
抽象的な音を圧倒的な演技力で滑りきりました。

タラソワさんからの今シーズンのメッセージは「乗り越えろ」でしたが、真央は乗り越えたと思います。
必ず勝つというプレッシャーへの重圧、曲を表現するという事への重圧、そして最高難易度の3Aを飛ぶという事への重圧。
全て乗り越えた浅田真央がいました。

ラストのポーズとビシーッ!!!と合った大砲の音。
これが、これが見たかったんだ!!!!

ボーズ預けられて身動き取れない相方に「お前が泣いてどうするんだよ」って言われました。えへへ(笑)


あーもう、演技終了後のあのほっとした顔。
このギャップ。あー、もうたまらん。
なんてすごい表現者になったんだろうと思いました。

そして、今夜の「MOI」。
「カプリース」を滑る真央を見てたら、もう大丈夫って思いました。
OPのエキシでラストに滑る姿が見えた。
乗り越えたら、後は最高の高みを目指して登るだけ。

真央は「OPで恩返しがしたい」と言ってましたが、わたしはもうとっくに真央からすごいものを貰っているので、あとはひたすら見守るだけです。

頑張れ、浅田真央。
目指すは完全な滑りでのフィニッシュ!
スポンサーサイト

Category - ドールと関係ない日常

- 0 Comments

Post a comment

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。