Welcome to my blog

Tiny Dolly Wonderland

Article page

ジャッジ批判はどんな味


例のあの人のジャッジ批判映像を見ました。

・・う~ん、日本人の感覚から言うとこんな事言うの恥ずかしいし、言葉の意味が分からなくてもマイナスな内容なのが分かります。
普通の感覚だと他人の悪口を言っている顔ってとても醜いと思うけど、しょっちゅうこんな事を言っている人間が国民の妹だという事は、韓国の常識は世界とは全く違うのでしょうね。
わたしはあの国の人間じゃなくて良かった。


一方、日本の選手達はとても前向きで爽やかで見ていて気持ちがいいですね。
頑張れ日本!
頑張れジャッジ批判をしない全ての選手!


あと、ニフティのTOPにこんな記事が。
フランスの黒人ペアはネットでパートナーを見つけたとか。
ネットスゲー。
そして、フランスも頑張れ。

世界中が良い選手だらけで、日本以外は何処を応援していいか分かりません(例の国以外)。
幸せな時代だなぁ。
スポンサーサイト

Category - ドールと関係ない日常

1 Comments

レイディ  

本来は妖艶には品格が必要

>ドールとフィギュアの好きなA様
二度目まして!コメントありがとうございます!
そうなんですよ、わたしも見て驚きました。この下品な内容、下品な話し方。妖艶と下品を穿き違えていています(それとも韓国と日本のマスコミではこれが「ゾクッとする程の妖艶さ」という表現方法なのかもしれませんが)。
確かに才能の使い方を間違っていますが、本人が望んでこうなっているのだからしょうがないですよね(それとも韓国ではこのような人間性こそが人々に尊敬される文化なのかもしれませんが)。
これは韓国のこの選手以外のほぼ全員の選手に言える事なのですが、日本選手も年下なのに尊敬出来る人柄で、見ていて気持ちが良いです。

そしてわたしも、四大陸は心配です。
去年GPFにおいてホテルでの食中毒とベッドから出ている針で選手が怪我をするなど、韓国の対応には大いに問題がありましたから。
さらに五輪での採点も心配ですよね。何と言ってもあれ程ミスしている選手に対して210点を出すジャッジがいますから。
採点が公平になるだけでいいのですが・・・難しそうです。

さて、話は変わって12インチもお持ちなんですね!
12インチとフィギュア兼の方って初めてなので嬉しいです!
ジョニーとブルースとは、ある意味うちにもいる人たちです。なんか嬉しいです(デップはウォンカだけど)。
スリラーフィギュア、良いけど高いですよね。わたしも狙ってはいるのですが、昔の大味なマイケルがいるので我慢我慢(^_^;)
マニアックもうっすらコツコツやってますので、よろしくデッス!

2010/01/16 (Sat) 00:37 | EDIT | REPLY |   

Post a comment